薬剤師の転職:転職理由をしっかり考える

薬剤師の転職:転職理由をしっかり考える

転職の際に考えるべき事として、転職理由が挙げられます。どうして転職したいと思ったのか、どうしてその薬剤師の求人先の職場にしようと思ったのかという事をしっかり突き詰めて考えておけると、面接の際にもスムーズですし、何よりあなたの希望にしっかりと沿うような職場選びをする事ができます。転職理由で他の方がどういった理由が多いのかを挙げてみます。
夜勤専従看護師を辞めたくなるのは、どんな時?

薬剤師の転職理由で多いのは、まずは仕事の環境。残業が多すぎて大変だったり、休みが少なかったり、過度な仕事量だと仕事へのモチベーションも落ちてしまいます。

次に人間関係。どの仕事にも人間関係のトラブルというのはつきものですが、薬剤師も調剤薬局などで働く方は特に、閉じた空間で同じ方と仕事をする事になるので、人間関係で悩むという方も多いです。

また、プラスの転職理由の方もいます。もっとステップアップしたい、他にやりたい仕事ができたなど、目標に向かって次のステージに移るために転職を考えるという方です。今現状に不満があるという点では先に述べた理由と似た部分はありますが、前向きな転職理由です。

改めて転職の理由をしっかり導き出す

自分を振り返ってみると、何となくしか答が出てこなかったり、上手く言葉にできないという事は意外と多くあります。意外に自分の事というのはしっかり把握しきれていない事が多いのです。

なので、必ず良く振り返って、自分なりの転職理由を導き出しておく事が大切です。時間を取って考えないと答が出てこない事が多いので、少しゆっくりとリラックスしながらで良いので考えてみましょう。

お勧めは紙に書き出していく事です。頭の中でモヤモヤと考えるよりも、紙に書き出していくと上手く整理ができて、紙の上で考えられるようになります。

転職の際に不満に思っている事や希望として望んでいる事など、思い浮かんだ事はどんどん書いていきましょう。頭の中もスッキリし、自分の転職についてもしっかりと考えられるようになります。シンプルな方法ですが効果は大きいので、ぜひ試してみてくださいね。

<薬剤師お役立ちサイト>
(社)沖縄県薬剤師会

↑ PAGE TOP